SIGMA-SPEED SHOP

なつかしいですね。WRCカラー   2014/11/08

ランサーEvo-IV RS 古さを感じさせませんね。90年代後半、全世界のWRCフィールドを駆け巡った三菱の名車でした。 まだまだ国内でも人気のモデルですね。 ユーザー様の以来により、弊ショップにて久々にWRCカラーを手掛けました。 なつかしいですね。 三菱の全盛時代を思い出します。
塗装費用は16万弱かかりましたが、お客様にはたいへん喜んでいただきました。

CIMG2110.JPG

CIMG2111.JPG

CIMG2115.JPG

CIMG2116.JPG

CIMG2117.JPG
●上記WRCカラーは、ステッカー類を除きペインティングになります。

アウトランダーのふる里 岡崎工場の見学会に行ってきました。

9月17日に株主招待工場見学会がありました。 弊社も30年来の末席株主でしたので、私そして専務の2名が参加させていただきました。 ぜひ見たかった新世代の塗装ライン 組立ライン PHEV用の電池パックライン インテリア装着ラインと見学いたしましたが、担当の説明員によれば、塗装ロボットを壁掛け式に変更し水性塗料の採用により環境、塗装品質も飛躍的に向上しそして1台あたりの塗装コストを47%も低減できたとの事。他改良点や新設備等の説明がありましたが、昔に比べ三菱の車がどう良くなったのかユーザー目線でのお話はありませんでした。

組立ラインも電子制御の部品搬送システムにて整然と必要なパーツが運ばれており、組立ラインにはアウトランダー国内外向け、RVR(ASX) そしてアウトランダーOEM仕様のプジョーやルノーブランドにて欧州向け販売車が混載にて流れておりました。 他にプレスライン、溶接ライン(ほとんどロボット)、樹脂パーツの内製とアウトランダーの一貫工場でした。

あの三菱の名車、ギャランΣ、Λ、スタリオンや数々の名車を生み出した岡崎工場、今ではアウトランダーとRVRの2機種のみ、昭和の時代がまるで夢のようです。
 
残念ながら工場内部の写真は撮影禁止との事でしたので撮影できませんでした。 目につく限りでは秘匿性の設備等はなかったように思いましたが、ただ一つ気になったのは工場の老朽化が目につきました。 まさか近い将来、アウトランダーやRVRまでも海外に~とはならないでしようね。???

d3fd67b8f9.jpg
Mitsubishi Concept-S PHEV Outlander

なつかしいですね。三菱オールドカーのオンパレードです。  2014-06-27

英国三菱(コルトカーカンパニー)の40周年イベントの動画がyoutubeにアップされております。もう日本では見かけなくなった ラムダ、シグマ、スタリオン等のビンテージカーのオンパレードです。さすが古い車を大事にする英国ですね。しかもランニングコンデションとは、三菱ファンには見逃せない動画」です。ぜひ覗いてみてください。懐かしい車がたくさん出てきます
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=VsQ28OKwZkQ

eKスペースに流行のLEDヘッドバルブを装着してみました。  2014/06/21

もうメーカー標準になったLEDテールランプですが、アフターではヘッドランプもハロゲンやHIDからLEDに変わりつつあります。近い将来自動車メーカーでも標準採用されるのも時間の問題ですね。
早速。某社市販品(ネット価格¥6,000 ~)を装着してみました。
IMG_3790.JPG
IMG_3791.JPG
装着はeKスペースGモデル(H4バルブ) ボルトオンにて容易に変更できます。
IMG_3801.JPG
IMG_3802.JPG
装着後の感想は、ハロゲンやHIDバルブに比べ照度では見劣りなくLED特有の輝きがすばらしいです。(HIDより対向車には不快感は少ないと思います) 価格も安く、こんご更に高品質のLEDヘッドランプバルブがリリースされそうですね。 まず耐久性は問題ないと思いますが、装着感/満足度は★★★★★ですね。 ただ、まだまだ品質のバラつきがあるのも事実のようです。またテールランプのLED化は注意が必要です。D20規格のバルブのみの交換及び市販変換ソケット(三菱eKの場合)の使用も不具合が発生します。(アイドリングストップ機能停止、フュエルカット作動他)従いまして規定値の抵抗(8Ω)をダイレクトにブレーキラインに組込む事をお勧めします。これにより安全にLED化が可能です。
LED.jpg

Auto Messe Osaka 2014 に行ってきました。   2014/02/14

最悪のコンデションでした。近畿は勿論のこと、全国的な悪天候にみまわれ、お客様の
出足も今一のスタートでした。
CIMG1864.JPG
三菱車関連の出展車種は デリカD:5 OUTLANDER PHEV そして EVO-X 
の3台のみやはりさみしいですね。弊SHOPの取引先の輝オートさん、そして
ハセプロさんのみでした。
CIMG1853.JPG
CIMG1855.JPG
輝オートさんのデモカー D:5
CIMG1863.JPG
ハセプロさんのOUTLANDERそしてEVO-X

あとはToyota、Honda のモデファイのオンパレードであり、エアロパーツが主体
でした。有名パーツメーカーや機能パーツメーカー社の出展はほとんど見当たらず
昔とは様変わりの展示会でした。

シグマスピードについてお知らせパーツメニューパーツリストダウンロード雑記リンクお問い合わせ他銘柄
copyright (c) 2006 SIGMA-SPEED SHOP